6ヶ月でゲット♪ANA海外無料航空券

ANAマイルで夫婦二人、毎年国際線の無料特典航空券で旅行する 日夜マイレージプログラムの研究して、速攻でマイルを稼ぐ陸マイラーの技を紹介 半年でどこまで貯まるかな 旅行は好きだけど先立つ資金がないとお嘆きのあなた 必見です

ANA VISAカードの裏技 前編

ANAカードを作るときの、どこの国際ブランドがいいと書き忘れたけど、断然「三井住友VISA」です。

国際ブランド=VISA、Master、JCBみたいな国際ブランド

理由は以下の通りです。

・海外に行くと使える店が多い

 欧米とか行くとわからないかもしれませんが? 欧米以外どこでも使えるのは99%VISAです。
アメックスは欧米では強いですが。

JCBはご想像通り、海外は弱いです。
ただ海外ラウンジサービスなどカード持ってる人が得られるメリットは手厚いです。

忘れてはいけません。

ソラチカカードの存在を。
あれでもきちんとJCBのサービス受けられます。

だから二重でJCB作る必要はありません。

・店側の手数料が安い

VISAと他国際ブランド、を比べると最大1.5倍くらい差があります。
ただ店とカード会社との契約によって%は変わってくるから%は一概には言えません。
目安としては2〜5%の間です。
 「手数料なんて客には関係ない」
 と思う人も多いと思います。
でも関係あるんです。

昔販売の仕事してきた経験から、値引き交渉とかしても国際ブランドによって値引き幅変えました。

世間的にはステータス高いと言われるアメックスゴールド。店側の本音は

「手数料高いから嫌だな」

店側からするとVISAで買ってくれるお客様が、神様なのです。
手数料の違いも加盟店の数に影響してると思います。

あと販売やってた立場からすると「いちいちカードは見ない」
ステータスなんか全く考えません。
むしろいわゆるステータス高いカードほどCAFIS(機械認証 店によってシステムが違う)通らなくて電話認証必要となる「手間」が多く、よく思ってませんでした。
最初機械に通して、少しでもカード会社が不審に思うと機械認証通らず、電話認証が必要なのです。
電話では
「30代くらいの男性ですか?」
「お買上げ商品は何ですか?」
とか聞かれます。一般的に高くて転売しやすいものが審査厳しいようです。
ステータス高いカードのほうが、作るときだけじゃなく、使うときも審査厳しいようで。

カードを持つ側と店側の印象かなり違いますね。

おっと脱線しました。mOm

リボは長くなるので次に書きますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

マイレージランキングへ